ゲリラ雨の原因と対策 > ゲリラ雨の対策グッズ

ゲリラ雨の対策グッズ

前触れもなくやってくるゲリラ雨から家族や生活を守るためには、日常からの十分な備えが大切なことです。

近年ではゲリラ雨が増加していることもあり、さまざまな対策グッズが販売されています。

その一つに止水板があります。

ゲリラ雨による被害では浸水や冠水が起こります。

これまでもゲリラ雨による浸水被害で、多くの人が住宅や家財道具に大きな損害を受けています。

止水板は雨水の侵入する建物の入り口などに設置し浸水を防ぐもので、主に大きな施設や店舗で備えておくものです。

現在ではさまざまなメーカーによって止水板が販売されていますが、それぞれ素材や形が異なっています。

どんな場所にも適応し、簡単に設置できるプレート型のものなど、優れたものが多く販売されています。

また土のうも浸水を防ぐ対策グッズの一つです。自治体によっては台風やゲリラ雨の季節になると各家庭へ土のうの貸出を行っているところもあり、浸水対策グッズとして欠かせないものとなっています。

土のうと言えばこれまでは土が詰められた袋が一般的でした。

現在販売されているものの中には通常時は何も入っていない袋ですが、水に浸ると数分で膨らみ土のうになるという便利なものまで発売されています。

軽くて保管場所を取らないこういった土のうは家庭において、ぜひ備えておきたいものです。

また地震や台風時の対策と同じように非常用グッズや携帯ラジオなどはライフラインの停止時や緊急避難が必要となった時に役に立つため、準備しておくとよいでしょう。