ゲリラ雨の原因と対策 > 気象庁のさまざまな対応

気象庁のさまざまな対応

近年ゲリラ雨による災害が増加し、多くの犠牲者を出しています。ゲリラ雨による被害を最小限に抑えるためには、ゲリラ雨に関わる情報ができるだけ早く人々に伝わることが重要だと考えられます。

日本で気象を予報する最大の機関は気象庁です。毎日私たちが見ている天気予報の多くは気象庁によって予測されており、私達の生活に深く関わっている機関といえます。

気象庁は近年のゲリラ雨による災害を受けて、さまざまな対応を行っています。
まず雷注意報によるゲリラ雨への注意です。雷が発生する大気の状態ではゲリラ雨が発生しやすいことが分かっています。

雷注意報が発令されている場合には天気予報の中でゲリラ雨に対する十分な呼び掛けを行い、人々の防災意識の高めるように促しています。

また気象庁では天気予報以外に防災情報を発信しています。しかしこれまで防災情報は有効に活用されていないというのが実態でした。そこで貴重な情報を有効に活用するために、今後は防災情報の利用促進が図られる見通しです。その一つにガイドラインの作成があり、できるだけ早い時期の実現が期待されています。
近年は天気予報技術が進歩し、精度の高い予測が可能になっています。しかし毎日の天気や台風などは予測できても、竜巻や突風、ゲリラ雨などの予報はまだ難しいのが現状です。
気象庁ではゲリラ雨の予測に役立つものとして、きめ細かい降水予測を「降水ナウキャスト」によって発信しています。
今後さらに気象庁による予測技術が進歩し、ゲリラ雨の災害防止に役立てられることが期待されています。