ゲリラ雨の原因と対策 > ヒートアイランド現象との関連性

ヒートアイランド現象との関連性

ゲリラ雨を発生させている要因として、都市部におけるヒートアイランド現象との関連性が指摘されています。

ヒートアイランド現象とは特に夏場の都市部において、周辺地域よりも気温が高くなることを言います。その原因にはビルやマンションのコンクリート壁面からの放射、アスファルト地面からの放熱、自動車や建物のエアコンの放熱など、さまざまな原因が考えられます。さらに都市部には樹木が少ないため、一度上昇した気温は低下しにくい環境になっています。
ヒートアイランド現象は19世紀頃には既に世界中の都市部で確認されていました。現在、東京では周辺地域と比較して年間平均気温が3度も高くなっていると言われています。また、熱帯夜日数はこの30年間で2倍以上に増加していると言われています。
このヒートアイランド現象は単に気温を上昇させているだけでなく、自然界にもさまざまな影響を与えています。その一つが気象であり、近年増加しているゲリラ雨の増加現象なのです。
そのメカニズムとは都市部で暖められた空気が上昇気流となり、海からの湿った空気を呼びます。そこへヒートアイランド現象による熱が積乱雲の発達を助長することで、ゲリラ雨が起こるというものです。
ヒートアイランド現象の要因の一つであるアスファルトは、ゲリラ雨が起こっても雨水が地中へ浸透せず、家屋や道路の浸水の原因ともなります。
このようにヒートアイランド現象は都市化が生んだ現代の深刻な環境問題と言えるのです。