ゲリラ雨の原因と対策 > ゲリラ雨の発生するメカニズム

ゲリラ雨の発生するメカニズム

ゲリラ雨の発生するメカニズムは、まだ十分解明されてはいません。

しかし近年さまざまな研究により、少しずつ解明されつつあります。

ゲリラ雨を発生させているのは積乱雲です。

さまざまな原因によって発達した積乱雲が積み重なることによって局地的な大雨をもたらしているのです。

夏場になると地上付近と上空の温度差によって大気が不安定になります。

そこでその不安定を解消しようとして生まれる上昇気流によって積乱雲が発生します。

そして前線や集風線、大気の状態によってもさらに積乱雲は発達します。

よってゲリラ雨が梅雨期や台風の接近時などに多く発生するというのは、大気が不安定になることが原因なのです。

積乱雲の中では雨粒ができます。そして下流気流が起きて大雨を降らせながら積乱雲は衰退していきます。

このような積乱雲が次々と発生し、一か所に雨をもたらすとゲリラ雨となるのです。

近年ゲリラ雨の発生は増加しています。

その原因の一つには地球温暖化の影響が考えられています。

地球の平均温度が少し上がることによって、地球の環境が大きく変わろうとしているのです。

また、最近では都市部でゲリラ雨の発生が増加しています。

都市部で暖められた空気が上昇気流となり、海から湿った空気を呼びます。

そしてヒートアイランドによる熱で積乱雲の発達を助長し、ゲリラ雨が起こるというメカニズムになっています。

このように、都市部のヒートアイランド現象がゲリラ雨を発生させる原因であるという説が、近年有力視されています。