ゲリラ雨の原因と対策 > 世界各国の被害

世界各国の被害

日本でゲリラ雨による災害といえば2000年の東海豪雨や2004年の福井豪雨が記憶に新しいでしょう。

今日ゲリラ雨は世界各国で発生し、日本よりも大規模な災害を引き起こしています。

2006年7月には韓国でゲリラ雨が発生し、大きな被害を受けました。

この災害では土砂や落石により道路に大きな被害を受けています。

短時間の豪雨で甚大な交通被害を出したことから、道路の手抜き工事が指摘された災害でもあります。

また同じ頃、北朝鮮もゲリラ雨による大きな被害を受けました。

その被害は数百人が死亡、行方不明となり、農作物へも大きな被害が及んだと報道されています。

同じ2006年にインドネシアやジャワ島でもゲリラ雨が発生しています。

被害は死者100人以上、さらに家屋や農作物へ大きな被害を出しています。

インドネシアでは翌年にもゲリラ雨が発生し、大きな被害を出しています。

2007年11月にはメキシコで記録的なゲリラ雨が15日間続き人々を驚かせました。

全体の8割が浸水した州もあり、土砂崩れも発生したことから、100万人を超える被災者が出たということです。

このゲリラ雨による経済被害も50憶ドルを超えると言われています。

他にも世界を見渡せば至る所でゲリラ雨が発生し、少なからず被害を出しています。

こういったゲリラ雨の多発は地球温暖化の影響だと考えられ、他にも台風の巨大化や干ばつの増加など、世界の気象現象にさまざまな変化をもたらしています。

環境問題と深く関わっているゲリラ雨は、地球規模で考える問題だと言えるでしょう。