ゲリラ雨の原因と対策 > 企業への影響

企業への影響

日本では毎年ゲリラ雨による被害が多発しています。被害は人間や住宅だけではなく、企業の経営にまで影響を及ぼすことがあります。

これまでもゲリラ雨によって多くの企業が多大な損害を受けてきました。東海豪雨では企業や官公庁でパソコンや機械が水没し、重要データの消失や多額の損害費用が発生する事態が起こっています。

ゲリラ雨による災害で被害を受けた中小企業は、場合によっては一時事業が中断し、そのまま廃業や倒産といった事態を招くこともあります。企業の経営は地域経済にも影響します。被災地の多くの企業で経営が悪化した状態が続けば、日本の経済にも影響を及ぼすことになります。こういった事態を防ぐためには、平常時から企業の防災対策や防災意識を高めておくことが求められます。
それには企業の建物自体の対策や社員の防災教育などが必要になります。また企業の重要データの保管場所には日ごろから十分に配慮しておく必要があります。電気機器やコンピュータなどはすぐ安全な場所に移動できるようにしておくことも大切です。さらに浸水を防ぐ土のうや止水板は必ず備えておくべきでしょう。
またゲリラ雨発生時には社員が安全に通勤、退勤できるよう、時間の配慮や情報の伝達も必要です。
企業におけるゲリラ雨対策の目的は、ゲリラ雨による災害を受けた場合にも事業を継続できるようにしておくことにあります。そのためには経営と社員の両面から対策を考えることが大切です。